ふき先生のブログ

2019年1月23日

ふき先生のブログ第49回目

正月・小正月も過ぎ亥年も動き始めました。皆様新年如何お迎えでしょうか。

年越しの12月31日23時28分に電気が飛び真っ暗闇、"行く年来る年"はキャンドルナイトかと...。
これもまた一興と思いましたが寒いので東京電力緊急サービスに連絡すると一時間もたたないで担当者が来宅、外の電信柱ボックスチェックで新年早々明るい電気が煌々とつきました。
日本は素晴らしい国と再認識。
とても印象的なHappy New Year!!

小正月は新潟滞在でした。
快晴の13日朱鷺メッセに所用で出かけましたら振り袖姿のオンパレード。
成人式の記念式典があり4,400人が県内から集うとのこと。
孫世代の着物の色の渦に巻き込まれ若いエネルギーに圧倒されました。
これから色々な人生ドラマが始まるんだなーと手相見をしたくなりました。

1月は出張が少ないので東京本校での授業や予約鑑定の仕事です。
年始は誰しも幸せ祈願ですが「招福」は自分で呼び込むもの。
世の中は陰陽五行・吉凶・裏表ですから何事もプラス思考で進むべき。
私自身は「福来る」と喜ばれる人になりたいと年頭の目標にしました。

私宅を1週間ほど留守し帰宅の折、胡蝶蘭の花芽がぷっくりと膨らみ月内に咲きそうな気配。
合わせてさし芽のバラが大きくなり健やかに成長しルンルンしてたら30年来共に暮らしている鉢植えが枯れかかってました。
水やりを疎かにした罰です。

即、手入れをし3日ほどで生き返らせましたが、新しいものに心奪われ古い付き合いを疎かにした戒めと反省。
日常生活においても老害をふりまき周りに迷惑をかけないように謙虚に過ごし、先達を敬い指導頂き、職場では気配り上手な1年にしたいと年頭目標を補足いたします。

2月は旧暦新年、慌しい日々が始まります。
英気を養い皆様の年が健やかなバラ色の人生になりますように祈念します。

トップ鑑定士が語る 「東明館の運命コンサルタント」